インドネシアパンダクラブ

インドネシアパンダクラブ

別名

ホワイトアーム・バンパイアクラブ

ホワイトアームクラブ

学名 Lepidothelphusa Cognetti
分布 マレーシア ボルネオ島サワラク
大きさ

甲長2cm 甲幅1.5cm

 

インドネシアパンダクラブは名前の通り白黒の愛らしいドワーフクラブです。ホワイトアームクラブやホワイトアーム・バンパイアクラブとしても流通することがあります。

インドネシアパンダクラブは、甲羅背面とハサミ脚だけが白く、他の脚と目が黒色になるのが特徴です。個体差で、上記写真のように白色部分にオレンジがかった色が入る個体がみられます。

インドネシアパンダクラブとブルーダートクラブは共にハサミ脚が白色になるため、ホワイトアームと言った時に混同されがちです。

インドネシアパンダクラブの飼育方法は当サイトで解説する一般的な飼い方です。(参照:ドワーフクラブの飼い方

ただし、インドネシアパンダクラブはバンパイアクラブなどのゲオセサルマ属のドワーフクラブと違い、水棲が強く水の中にいることが多い種類なので水場の多いレイアウトにします。

レピドテルプーサ属のカニはオスだけ片方のハサミが大きくなるのが特徴です。

国内での繁殖についての情報は確認されていませんが、海外では繁殖例が多数あります。

 

パンダクラブ