ハーフオレンジ・バンパイアクラブ

 

学名 Geosesarma krathing
分布 タイ東部 チャンタブリ
大きさ 甲長2cm

 

ハーフオレンジ・バンパイアクラブは名前通りの甲の半分だけがオレンジ色をしたドワーフクラブです。

ハーフオレンジ・バンパイアクラブはハサミ脚と甲のうち頭に近い半分ががオレンジ色で残りの甲は黒色~褐色、その他の脚が半透明の赤色~オレンジ色、目が黄色になります。

バンパイアクラブなどの他のゲオセサルマ属よりもより陸棲が強く、ほぼ全ての脱皮を陸上で行います。

ハーフオレンジ・バンパイアクラブの飼育方法は当サイトで解説する一般的な飼い方を基本としますが、陸棲がかなり強く、立体的な動きもするため、高さのある水槽で植物を植えたり流木で縦方向にスペースを使えるようにレイアウトします。水場は少しだけ作ります。(参照:ドワーフクラブの飼い方